運営組織

代表者挨拶

佐々木 喬史 SASAKI KYOJI
世界平和経済法人会議ひろしま東京セッション運営委員会 代表
世界平和経済法人会議ひろしま企画運営委員
一般社団法人グラミン日本 チーフ・アライアンス・オフィサー
一般財団法人PEACEDAY エグゼクティブ・プロデューサー

国際平和拠点ひろしま+東京コミュニティは、「ビジネス×平和」を切り口に、学び・対話・共創のエコシステムを創り、社会変革リーダーの輩出と、コレクティブインパクト創出による平和な社会を実現します。

東京コミュニティのアイデアは、2019年に、有志ボランティア数人の小さな想いからスタートしました。

創設から3年を経て、「平和のカタリスト」というビジョンを掲げ、「ビジネスを通じた平和構築」「社会変革リーダーの輩出」「コレクティブインパクトの創出」という3つの大きな目標に向けて、突き進んでいます。

「ビジネスを通じた平和構築」の面では、「国際平和拠点ひろしま構想」のもと広島県とタイアップし、「世界平和経済人会議ひろしま東京セッション」の開催を通じて、経済界を中心とする各界リーダーに対して「世界平和経済人会議ひろしま」の掲げるビジョンへの賛同を呼びかけ、「広島宣言」の実現を支援しています。

「社会変革リーダーの輩出」の面では、「世界平和経済人会議ひろしま東京セッション」にて、性別・世代・地域・セクターの4つの多様性(4M=Multi Gender, Multi Generation, Multi Region, Multi Sector)からなる社会変革リーダーの集まるフォーラムを開催し、志のある個人への学びと行動変容のきっかけを提供しています

さらに、「コレクティブインパクト創出」の面では、広島県の他、経済団体や国連機関、ミレニアル・Z世代をリードする団体、リーディングカンパニーなどとの連帯を通じて、「国際平和拠点ひろしま」と「国際経済都市東京」の架け橋として、社会課題解決・SDGs/ESGの達成・平和構築のプラットフォーム&ハブ機能を提供しています。

数人の小さな想いからスタートした東京コミュニティは、2021年には20名を超える運営メンバーと8名のアドバイザリーに支えられ、広島県から初のコミュニティライセンスを受け、ライセンシー団体として活動を開始します。私たちはこれを、TEDとTEDxのような関係だと思っています。2030年までに、国内主要5拠点、世界主要3拠点にまで、「国際平和拠点ひろしまコミュニティ」のネットワークを展開していきたいと考えています。

東京コミュニティは、「国際平和拠点ひろしま」のDNAと「国際経済都市東京」の影響力をもつ「世界の経済と平和の架け橋」となることを目指し、仲間を集め、平和な社会の実現に向けてインパクト創出に挑み続けていきます。

団体概要

団体名 :世界平和経済人会議ひろしま東京セッション運営委員会
創立年月:2019年1月
代表者 :佐々木喬史
活動拠点:東京
活動内容:
1 イベントの開催
・「世界平和経済人会議ひろしま東京セッション」の開催
2 コミュニティの運営
・「国際平和拠点ひろしま+東京コミュニティ」の運営
3 アドボカシー活動

沿革

2020年 2020世界平和経済人会議ひろしま東京セッションを開催
2019年 2019世界平和経済人会議ひろしま東京セッションを開催

facebook twitter
チケット購入はこちら メルマガ登録はこちら